2017年11月19日

G

前から指摘されていたのですが。
私のGコードの押さえ方はおかしい、と。
私は知らずにその押さえ方をギター始めた頃に
習得してしまっており。
これまで、その押さえ方で不便に思うこともなかったので
まぁね、ええでしょう、、と
放置してきたのですが。

この度、これを修正しようとし始めておるのです。
なんや、そんなんすぐできるっしょと
ギターしたことない方は思うでしょうか。
いや、どちらかというとギターが弾ける方の方がなにを大袈裟なと思うのかもしれぬ。

しかしですね、私にはとても難しい。
そもそも、私はこれまでギターは弾いてはきておるのですが
ソロ的なものを弾くこともなく。
小指と薬指はいまだに連動して動くのです。
これ、練習したら小指と薬指は連動せずに動かせるようになるらしい。
つまりは、私がそういうことをしてきてないのですよね。お恥ずかしい。
まぁ、別にもしかしたらまつしまの曲には必要ないことかもしれない。
でもね、私は今、すごくギターに興味が湧いている。ギターをもっと弾けるようになりたいと
今更、強く思っている。
最近始めたこのギターへの取り組みがどんな風に自分の曲やライブに
影響するのかわからんけれど。

練習したらしたぶんだけ、指は動くようになる。
この、やったらやった分だけ形になるというのが
今の私にはすごい大切。

想ったら想った分だけ報われるわけではない。
働いたら働いた分だけ生活が楽になるわけではない。
うまければ、曲がよければ売れるわけではない(一般論ですよ)

そんな中で練習したらしただけ成果が出るて、すごいたまらない。

てことで、数年後にはまつしまさんの弾くギターのあのフレーズ好きなんです~
なんて言われることを夢見て、
毎日がんばる所存。

他にもやりたいことがあるんだけど、
これもまた、形になったら発信いたします。
お絵描きのことなんだけどね。
なんしか、私やっと、な感じなんですよ、今。

2017年11月18日

レコ発おめでとうありがとう

少し前の話になってしまいますが
11日はThe Folking Poors(Japan)のレコ発イベント、
お越しいただいた皆様、呼んでくれたThe Folking Poors、共演の方々
ありがとうございました。

The Folking Poorsのベース、Pちゃんがイベントを楽しみすぎて、泥酔し、ステージであわわ!状態やったのが
かなり印象的でした(笑)
結果的には、わたくしからすれば、なんて愛しい人たちなのだと
いう思いに至るものとなりましたが(笑)

私が最近音源製作を経験してたから特にかもしれない。製作って本当大変。
私の場合周りの方々がすごく頑張ってくださった結果できたものだけど、それでもやっぱり自分自身の担う部分も勿論あるわけで。
無事リリースできる喜びってすごく大きい。
一種の解放感も伴う。
そんな大変な作業をやり遂げて、とても素敵な音源を完成させたThe Folking Poors。
その大切なイベントに呼んでくれてありがとう!

私たちまつしまバンドもこの日から音源販売開始。
やはり、顔を見て言葉交わして大切なその人のお金と引き換えに音源を渡す。
これは、なんともいえない。何度体験しても。
ありがたい、うれしい。はぁぁぁん!てなる(苦笑)

この日ライブ来てくださったのに出番に間に合わなかった方々がいらっしゃいました。
これは本当に申し訳なかったです。
でも、どの方も『音源ほしかったから』と仰っていただけて、これまた
はぁぁぁぁん!てなりました。
もう、、、ほんと、みんな素敵な人ばかりやで。。でも、自身でも反省する点はあったので、
これから告知なども気を付けていきますね。

この日のまつしまバンドのライブは
音源再現ライブを、てことでこの日限定で
京都のJanoというバンドから、さいそんちゃんをサポートシンセにお招きし、お届けいたしました。
レアなライブいかがだったでしょうか?

さいそんちゃんも、ほんま力を貸してくれてありがとう!お陰で私自身もよいきっかけ、刺激になった気がしてる。

共演の皆様もとても素敵で。
すっごい刺激をいただきました。
もっとがんばらにゃああかんでな!と。

打ち上げも朝まで久々お付き合いさせていただきまして。まったり楽しかったです。

特筆すべきはドラムのなおちゃんがリハからイベント終了時まで
ほんまに楽しそうにほんまに酔っぱらって
イベントを最高に楽しんでいたことかと。
ほんま、、おもろかったな(笑)可愛らしい。
なおちゃんファンもトムさまファンも安井さんファンも
ほんま多いかと思いますが、
まつしまバンドの皆様の一番のファンは
私だと思っている。

私のファンはいつ現れるだろう。
がんばろ!音源もよろしく!

セットリスト

春色マーチ
恋だった
ぷろぐれ
青々
ディスコ

2017年11月3日

まつしまバンド音源『青』CD販売開始。

Twitterでも告知をしていたのですが、

今年の4月に配信を開始したバンドとしての初音源『青』を

この度、盤にして、改めて発売することになりました。


もう、本当これまでの私にしたら今年は盛りだくさんの年になっております。

バンドでのレコーディング・念願だった音源の配信・そして改めてのCDプレス。

なかなか一気に!といかないのが私だなぁとも思うのですが

配信していたものを改めて収録した盤が手元に届いてみると

感慨深いものがありました。

今回の音源の歌詞カードデザイン・盤面デザインも
ドラムのなおちゃんが担当してくれました。
もう…!ありがとう…!としか言えない。。

今回せっかく盤にするので…ということで
配信のものに何かプラスしてお手元にお届けしたいという気持ちから、

ボーナストラックとして、まつしまの弾き語り曲を1曲収録しています。

今回の為に曲を作り、レコーディングしました。

レコーディングはベロニカというユニットで鍵盤ボーカルしている
山岡永美氏に協力していただき、
レコーディングにとどまらず、コーラス・鍵盤としても携わってもらいました。
…これまたできる女子やで…!

ほんま、この山岡氏のおかげで、私の弾き語り曲がさらに素晴らしいものになり、

できあがったもの聴いたらちょっと泣けてきちゃいました。
大好きなバンド曲3曲と共にこのボーナストラックを収められたのがすごく嬉しい。

ソロと、バンドと。どちらも私、なので。
この1枚で一緒に知ってもらえたらと思います。

元々の配信音源のミックス・マスタリングはThe Folking Poors(Japan)のひできさんに
していただき、コーラスで同バンドのPちゃんにも参加してもらってます。
(今回の盤のマスタリングは大瀬良さんが携わってくださいました。ありがたや)

そのThe Folking Poors(Japan)のレコ発イベントが11月11日にありまして、
まつしまバンドも呼んでいただいております!
そしてその日から前述の音源の販売も開始いたします。地味に、、まつしまバンドも
改めてのプチレコ発です。

ぜひぜひ皆様扇町para-diceにお集まりいただけたらと思います。
この日まつしまバンドは音源再現ライブをということで
シンセにJanoというバンドからさいそんちゃんをお迎えして5人編成でのライブをお届けします。

贅沢贅沢!こんなに色んな場面で色んな人に協力していただけて、
嬉しいし感謝しかない。
うーん、これまでとにかく音楽を続けて、頑張ってきてよかったなぁと、
しみじみと思ってしまいます。

ということで、長くなってしまいましたが、
新音源『青』をよろしくお願いします!ということと
11日はぜひお越しくださいね!ということをお伝えしたかった告知ブログでした。

お楽しみにーー!



まつしまようこバンド音源
『青』
収録曲
1.青々
2.恋だった
3.春色マーチ

ボーナストラック 
幸せになりたい

3曲+1曲入り ¥1,000(tax in)


2017年10月30日

ジャズマスターナイト

28日は扇町para-diceにてthan企画ジャズマスターナイトでライブでした。

初めましてのバンドさんばかりでした。
実はthanもバンド形態では初めて。キタさんとソロでは共演もしましたが。

熱い夜でした~。

あの場にいた皆様かなりお酒を飲んでいらっしゃったようですね。
ああ、うらやましい。
私はお酒があまり強くないのでお酒おいしい!好き!と飲めてしまう方々がうらやましい。

ましてやライブ前は絶対飲めません。音が取れなくなりますので。。。とほほ。


ちなみに、まつしまバンドの私以外の3人はみなさんお酒がたのしめる方々ばかりです。
3人の中では誰が一番強いのか、とことん飲み比べてほしいと思ってしまう今日この頃。


話がそれましたが、とてもとても熱いバンドたちの中、
まつしまバンドも熱く楽しくライブ出来ました。
みなさまのおかげね、ありがとう。
裏話をすれば、ドラムのなおちゃんがとても体調が悪い中ライブをしてくれて
その音はほんまに体調悪い人の音ですか?
というほどとてもきれいな強い音がしていて、私は改めて彼女はすごいと思ったのでした。


ほんと、音の表現て様々なので、私はいつも音楽にはどきどきしてしまう。
そして、この環境で、この世界であとどれだけの曲が作れるだろう、
歌えるだろうって思ってしまう。

しかし、数年前の私だったら、こんなことやってみたいのにって思って、
…思うだけの日々だったけど。
今は、こんなんやりたかってん、そうそう!ていう音を作っていけているので
あとはこの道を進んでいくだけだ、て最近は思っている。

結局私は音楽が好きだし、人とその音や時間を共有できることがうれしくて仕方ないのだろうな。


日々の生活の中でほかにも、あれがしたい、あれがほしいと
色々思ったりするけど。
前提には音楽をしている私、があると思う。


呼んでくださったthan、ありがとう。
ライブ本数半端ないthan。
その日々は確実に音にステージに表れているのだと思う。
ほんまに、ライブが、日々なんだろうなというイメージ。
赤子ちゃんが歌うの初めて聴いた。無垢な歌声。

そして、、安井さんのギターがジャズマスターでよかった(笑)

おかげでイベントに参加できました。ありがたや。


さあ、次はまつしまは11月2日にHARDRAINでソロライブです。
こちらはこれまた楽しみなメンツがそろっていらして
私は静かにこみ上げてくる闘志と楽しみな気持ちを感じています。
ぜひぜひお越しくださいね。

バンドでは11日に扇町para‐diceでThe Folking Poors(Japan)のレコ発イベントに呼ばれています。

この日はまた少し違うまつしまバンドをお届けできるかも。

それはまた今度。


セットリスト

夜明け
ぷろぐれ
春色マーチ
恋だった
青々
ディスコ


2017年10月27日

幸せになりたい

谷町九丁目OneDropでライブでした。
6月ぶりのソロライブだったかな。

共演の峯ゆかさん織田悠希さん二人のライブも楽しめて満足。

私はというと、反省点や改善点は多々あれど、
とても集中して歌を歌えたことがうれしくて仕方なかったです。


OneDropはやはり少し特殊で特別な空間。
扇町para-diceとOneDropはどちらも私のホーム。


今日OneDrop行ってすぐに、
「ほっといたらソロやらんくなるやろ」と森下さんににやっとして言われた。

しなくなることはないけれど、この人にはかなわないなぁと思わされる。

ちくしょーーぅ(笑)

でも、いつまでも森下さんにダメ出ししてもらえる自分でありたいと思う自分はいる。

褒められたいけど(笑)でも、どこか最後はだめ出しで終わってほしい願望。


幸せになりたいって新曲を初披露。
いかがでしたでしょうか。

私はこの歌が大好きです。
今の自分がそのままシンプルに描けたと思っています。
答えのでないことに悩んでいるような、
そんな自分がそのままです。

いつかこの曲を鼻で笑う日がくるかもしれないし、
いつまでもこの曲がしっくりき続けるかもしれないし。
それもわからないけど今ここで形にできたことがとても嬉しい。

久々のソロライブに興奮して、心が熱をもったままなので
日記にしようと思ったけど、
うーん、いまいちまとまらず。

幼稚だ、陳腐だと言われても、今の言葉が私の言葉。
それは否定したくないし、背伸びがしたいとも思わない。
でも、もっと違う言葉や世界を描くことも必要なのかもしれない。

うむむむむ。

さて、次は28日扇町para-diceにてバンドライブ。
than企画に呼んでいただきました。
thanは痺れるようなロック魂を感じさせます。
私もポップにロックに歌うつもり。

本日のセットリスト

いつか僕が想うこと
ほんとのこと
幸せになりたい

ねこ
恋だった
夜明け

観てくださったみなさま、共演の峯さん、織田さん、そして森下さん
ありがとうございました。

2017年10月23日

ご来場ありがとうございました!

大阪には珍しく台風の影響が強い夜に
plus oneとのツーマンイベントにお越しいただいた皆様、
そして主催者の460さん、音のスタッフの方々
ありがとうございました。

できれば中止は避けたいという想いの中で
台風の接近時刻を考えて急遽時間変更・チャージ料金の変更まで
すぐに判断・対応してくれた460さんと音の方々のおかげで
なんとか無事イベントを終えることができました。

これって本当難しい判断やと思うんです。
私自身がイベントを組んで判断を求められたとき
今回みたいに最善と思える判断をできたかしらと
置き換えて考えてみると本当にすぐに考えて動いてくださった
皆さんには頭あがりません。

そして何より来てくださった方々本当にありがとう。
時間変更などもあったのでこれなくなった方もいらっしゃるかもしれませんが、
イレギュラーな事態だったことご考慮いただけたらと思います。

さてさて。
大切な前置きが長くなってしまいましたが。
ライブは本当に楽しかったです。

持ち時間が長いということで
好き勝手話もさせてもらって(苦笑)
自分らのライブ終わった後は初めてではないかというくらいの
疲労感に襲われました(心地の良い、ね。)

もっと曲増やして、もっともっとライブしたいなー。
そんな気持ちもこみ上げるような、ライブでした。

plus oneのライブは音攻めの、でも心地よい空気の漂うライブでした。
ほんと、sinriは元々あった人としてのかわいらしさが
自然と表に出せるようになったような印象で。
フロントマンの彼女のその空気はライブの空気にもなる。
plus oneの曲どれも好きなのですが
「まつしまさんが好きだと言ってくれた曲」と言うてたのは
恐らく『初恋(仮)』だと思います。
歌詞の中の「初恋のように愛してる」ていうフレーズがすごく胸にくる(フレーズ違ったらごめん)

言ってみたいーーー!そんなセリフーーー!胸の中でだけでもーーー!
と思うわけです。

今は安井さんがまつしまようこバンドに加わってくださってるので
編成が少し異なっていますが。
元々は私たちもスリーピースでやっていて、鍵盤ボーカルでということで
共通点が有る故に意識せざるを得ないところがあったように思います。
すごく刺激的な存在です。
次plus oneが戻ってきたとき、新曲攻めライブで迎え撃ちたいな~。
そんなことを思っています。

日々は流れるので。
今回産休となる彼女だけではなく、私たち一人一人が
どんな環境の変化や心境の変化が待っているかわからない。

でも、またplus oneとまつしまようこバンドでツーマンしたいなていうのは
それぞれが思っていることではないかしら、ぬふぬふ。
なんて思っています(笑)

いつもライブの度に思うこと。
いつだってその気持ちが増すことがあっても
薄れることはない。
なおちゃん、トムさん、安井さん
本当にいつもステキな音を鳴らしてくれてありがとう。
春色マーチのサビでなおちゃんとユニゾンして
みんなの音が重なっている時がすごく最近気持ちいい。

この秋はバンドでのライブがまだまだありますよ。
みなさまぜひ来てね。

次の私のライブは谷町九丁目OneDropでソロライブ。
これまたどんな夜になるか楽しみ。
新曲もやろうと思ってます。
ぜひお越しくださいませ。

あー長くなった。でも、語りつくせないよね。あんな気持ちの良い夜は。

セットリストは
1.新曲
2.ディスコ
3.ぷろぐれ
4.恋だった
5.春色マーチ
6.ゆがく(仮)
7.青々
8.夜明け

曲作るぞーーーぅ。

2017年10月19日

plus oneとのツーマンイベント

めっきり寒くなりました。
風邪をひかないようにしなくては。

さて、前回の投稿でも予告しておりましたが
plus oneとのツーマンについてのお話です。

今回のツーマンはバンド発信の企画ではなく
個人でイベントを企画してはる460さん企画に招いていただいたものです。

音楽やイベントに、バンドにとても大切に向き合ってはるのが
伝わってくる方からのお誘い。そして大好きなplus oneとのツーマンとのことで
とても嬉しいお誘いでした。


まつしまバンドでのライブは本数がそんなに多くはないのですが
この秋はイベントに呼んでいただいていることが多く
それはとてもとても嬉しいことで、そして今回は持ち時間も多いので
これまたうわーいです。

plus oneはこのイベント後、Vo.sinri が出産を控えているためお休みするとのこと。
これもこのタイミングでツーマンできるのも何かの縁なのかもねと思ってます。

すごく好きなバンドのひとつ。
耳に残るメロディ、3人体制になってからのバンドの音、
そして最近のsinriがステージ上で放っている空気がとても好きです。
以前はすごく危うさを秘めていてそれも魅力のひとつではあったのですが、
今ステージから伝わる多幸感の方が今の彼女のライブでは特筆するところなのでは
ないかなーと個人的には思っています。

3人のバランスがとてもいいです。plus oneのカラーイメージはゴールドではなくシルバーです(笑)


私たちまつしまバンドもすごくいい感じだよね、と最近思っています。
私はあまり自己肯定感が高くないのですが、、
まつしまバンドの曲は私自身が一番のファンだと思います。

サポートしてくれている3人の音がほんと大好きです。
人も好きだし音も好き。
ライブで私を精神的にも支えてくれる空気が好き(笑)

大好きなplus oneとそして大好きなまつしまバンドが堪能できるてことで
私的にも最高に楽しみなイベントです。

バンドで歌ってる時が最高に楽しいもんね。

てことでぜひぜひ一緒に楽しみましょう。

お待ちしてますね~

イベント会場のHPです。 http://livespace-on.com/



今日は終始告知でした。
日々色々思っています。また書きますね。